MENU
[イメージ]
お知らせ・イベント情報

お知らせ・イベント情報の記事一覧

せと歴! 「日本遺産・赤津の古窯と古刹を巡る」の開催

瀬戸市は日本六古窯の一つとして日本遺産に認定されています。その中で赤津地区には日本遺産の構成文化財にもなっている雲興寺本堂や国登録文化財の鐘楼、そして国指定史跡の小長曽陶器窯跡があります。今回はこれらを解説付きで巡ります。日本遺産に認定された瀬戸市の魅力をこの機会に感じてみませんか?

 

 

日時:平成30年12月9日(日)

午後1時30分~午後3時30分

集合場所:雲興寺駐車場

申し込み:電話またはFAXでお申し込みください。

定員:50人

参加費:無料

 

なお、関連事業として「窯業の考古学」と題した研究大会が瀬戸市文化センターで開催されます。こちらも是非ご参加ください。

日時:平成30年12月8日(土)

場所:瀬戸市文化センター文化交流館31会議室

申し込み:電話またはFAXでお申込みください。

参加費:500円(資料代)

 

詳しくはこちら→チラシ

 

 

せと 歴史と文化財を知る見学会「まちなかの歴史的建造物を巡るツアー」

成30年11月24日(土)に、せと 歴史と文化財を知る見学会「まちなかの歴史的建造物を巡るツアー」を開催しました。

今回は、瀬戸市の中心市街地にある国登録文化財(旧山繁商店・瀬戸永泉教会礼拝堂)を含む歴史的建造物について、建築士(あいちヘリテージマネージャー)の解説を交え歩いて巡りました。(参加者60名)

当日の資料はこちら→歴史ある建物を巡るコース-表紙・裏表紙歴史ある建物を巡るコース-近代瀬戸の風景歴史ある建物を巡るコース-関連文化財歴史ある建物を巡るコースーマップ

せと 歴史と文化財を知る見学会「見てみよう!発掘調査Ⅱ」

平成30年8月19日(日)に、せと 歴史と文化財を知る見学会「見てみよう!発掘調査Ⅱ」を開催しました。

今回は、今年2月に行った「広久手F窯跡」の発掘調査の2回目の見学で、約1000年前にやきものを焼いた遺跡の様子を見ていただきました。また、海上の森内に  は、この他にも同じような窯跡が数多く残されており、それらの現在の様子も見学していただきました。(参加者15名)

当日の資料はこちら→せと歴 「見てみよう!発掘調査Ⅱ」

せと歴! 「見てみよう発掘調査Ⅱ」

1000年以上の歴史を誇る瀬戸のやきものづくり。そのルーツは瀬戸の「海上の森」にありました。

この夏、1000年前の窯跡である「広久手F窯跡」(ひろくてFかまあと)の発掘調査を行います。

瀬戸のやきもののルーツを実際に見てみませんか。

 

日時:平成30年8月19日(日)

午前の部:午前10時~正午

午後の部:午後1時30分~午後3時30分

申し込み:電話またはFAXでお申し込みください。

定員:各回 28人

参加費:無料

集合場所:瀬戸市文化センター北駐車場(住所:愛知県瀬戸市西茨町113-3)

内容:あいち海上の森センターまでバスで移動し、愛知学院大学が行っている広久手F窯跡の発掘調査を見学します。あいち海上の森センターから森内を20分ほど歩いて発掘現場へ向かいます。

申し込み先:瀬戸市歴史文化基本構想を活用した観光拠点形成のための協議会

(事務局:瀬戸市文化課)

電話:0561-84-1093

FAX:0561-85-0415

 

 

 

瀬戸の魅力再発見 平成30年度まちめぐり「洞地区」

平成30年5月19日(土)に、平成30年度まちめぐり「洞地区」を開催しました。

窯垣の小径駐車場を出発点として、宝泉寺→窯垣の小径→窯垣の小径資料館→白龍大明神→王子窯→窯跡の杜→洞本業窯をめぐりました(参加者47名)。

※当日の資料は、平成29年度に作成した『のんびりじっくりせとマップ「洞・窯垣の小径コース」を使用しました。データは当サイトからダウンロードできます。

ガイドブック・ガイドマップ・子ども向け冊子の刊行

ガイドブック

ガイドブック表紙・裏表紙

ガイドック目次

ガイドブック「瀬戸を巡る物語」

ガイドブック「瀬戸地区・洞」

ガイドブック「瀬戸地区・郷」

ガイドブック「瀬戸地区・北新谷」

ガイドブック「瀬戸地区・南新谷」

ガイドブック「瀬戸地区・陶祖公園、馬ヶ城」

ガイドブック「今村地区」

ガイドブック「赤津地区」

ガイドブック「水野地区・上水野」

ガイドブック「水野地区・中水野」

ガイドブック「水野地区・下水野」

ガイドブック「品野地区・上品野」

ガイドブック「品野地区・中、下品野」

ガイドブック「品野地区・白岩、片草」

ガイドブック「品野地区・上半田川」

ガイドブック「掛川地区・下半田川」

ガイドブック「掛川地区・沓掛」

ガイドブック「幡山地区・山口」

ガイドブック「幡山地区・菱野」

ガイドブック「幡山地区・本地」

ガイドブック索引

 

ガイドマップ

陶祖ゆかりの地を巡るコース-表紙・裏表紙

陶祖ゆかりの地を巡るコース-藤四郎の足跡

陶祖ゆかりの地を巡るコース-関連文化財

陶祖ゆかりの地を巡るコース-マップ

 

 

磁祖ゆかりの地を巡るコース-表紙・裏表紙

磁祖ゆかりの地を巡るコース-民吉の足跡・九州ゆかりの地

磁祖ゆかりの地を巡るコース-関連文化財

磁祖ゆかりの地を巡るコース-マップ

 

歴史ある建物を巡るコース-表紙・裏表紙

歴史ある建物を巡るコース-近代瀬戸の風景

歴史ある建物を巡るコース-関連文化財

歴史ある建物を巡るコースーマップ

 

洞・窯垣の小径コース-表紙・裏表紙

洞・窯垣の小径コース-洞ってどんなところ・関連文化財

洞・窯垣の小径コース-関連文化財

洞・窯垣の小径コース-マップ

 

子ども向け冊子

子ども向け冊子-表紙・裏表紙

子ども向け冊子-目次

子ども向け冊子-瀬戸って?

子ども向け冊子-藤四郎ってだれ?

子ども向け冊子-加藤民吉ってだれ?

子ども向け冊子-瀬戸へ行かんでどこへ行く

子ども向け冊子-世界に広がるせともの

子ども向け冊子-定光寺

子ども向け冊子-オオサンショウウオ

子ども向け冊子-奥付

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せと歴! 今後の開催予定

平成30年5月19日に、まちめぐり「洞地区」を開催したします。今回は、洞地区にある「窯垣の小径」や「王子窯」、「洞本業窯」といった建造物などをご案内いたします。

参加者募集中

〈問い合わせ・申し込み先〉

文化課 TEL0561-84-1093 FAX0561-85-0415

〈日時〉5月19日(土)

午前の部:午前10時~正午

午後の部:午後1時30分~3時30分

※申し込み時にどちらをご希望かお伝えください。

〈集合場所〉窯垣の小径駐車場

〈定員〉各部30名

〈申し込み方法〉お電話で申し込みください。

〈その他〉雨天決行・荒天中止

 

旧山繁商店 文化財調査報告 ・意見交換会を開催しました。

平成28年度から、瀬戸市は、国登録有形文化財の旧山繁商店の9棟の建造物群を保存し、活かしていくための計画(『旧山繁商店保存活用計画』)づくりに取り組んでいます。
平成29年度は、前年度に引き続き、旧山繁商店のどこに文化財的な価値があるのかを、建築史などの専門家とともに調査し、市民の皆さんと共有する取り組みを行いました。

平成30 年1 月7日( 日)、瀬戸市文化センターにおいて「旧山繁商店 文化財調査報告 ・意見交換会」を開催しました。今回は、旧山繁商店保存活用計画策定委員会委員長である溝口正人先生(名古屋市立大学大学院芸術工学科教授)を講師にお招きし、旧山繁商店の文化財的価値と保存活用の課題についてご講演いただき、「旧山繁商店の何を守り、どう活かすか」と題した意見交換会を行い、25名の方にご参加いただきました。

当日の様子・詳細をまとめた「きたしんがい通信3号」を作成しました。

第3号P4・1  第3号P2・3

せと 歴史と文化財を知る見学会「見てみよう!発掘調査」

平成30年2月17日(土)に、せと 歴史と文化財を知る見学会「見てみよう!発掘調査」を開催しました。

今回は、瀬戸市文化センターから海上の森センターまでバスで移動し、海上の森にある平安時代の窯跡、「広久手F窯跡」の発掘調査の見学と、市の文化財に指定されている瀬戸市最古の窯跡「広久手第30号窯跡」の見学会を行いました。(参加者31名)

DSCN9407 DSCN9458

当日の資料はこちら→せと歴 「見てみよう!発掘調査」資料

 

せと 歴史と文化財を知る見学会「水南のマメナシ界隈 第3回」

平成30年1月20日(土)に、せと 歴史と文化財を知る見学会「水南のマメナシ界隈 第3回」を開催しました。

今回は「せとマメナシ観察会」の方々の協力を得て、水南小学校校庭の南側に自生している市指定天然記念物「マメナシ」の樹勢回復作業を行いました。

樹勢回復作業は、マメナシ周辺の土壌が固くなっている部分を深さ30㎝ほど掘り起こし、大きな石を取り除いて土壌改良材とともに再度埋め戻すもので、部分的に土壌を柔らかくすることで、マメナシが根を張りやすくするためのものです。(参加者14名)DSC05920 DSC05923 DSC05931

当日の資料はこちら→せと歴_マメナシ資料

1 / 612345...最後 »

バナーリスト

瀬戸市歴史文化基本構想
まちめぐり事業
その他事業
瀬戸市文化遺産・観光写真
瀬戸市にある指定文化財
瀬戸市ガイドブック・ガイドマップ
文化庁ロゴ

本ポータルサイトは、平成29年度歴史文化基本構想を活用した観光拠点づくり事業(文化芸術振興費補助金)を活用して制作しています。